年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

飲食店で言われて困る言葉

f:id:ten-milli:20201220170253j:plain

飲食店で言われるとテンションが下がる言葉がある。わざわざそんな事を言わなくても良いのではないかと思うが、そういう言葉を言わなければならないという事は過去に何かあったのかもしれない。その理由を考えてみた。

予約されていますか?

満席の時なら分かるのだが、空いている時にもコレを言われると、"あれ、入れないのかな?"とドキドキする。しかし、そんな事はなく普通に入店させてくれるので、わざわざ聞く意味が良く分からない。

そもそも予約している場合は客の方から「xx時で予約しているxxなんですけども」と伝えると思うので、予約していない事は分かるのではないだろうか。

この言葉が出来た理由を考察する

"予約客が時間を過ぎても来なくて連絡したら店内で既に食事をしていた。"

という事があったのかもしれない。

それ以外の理由は思いつかない。

お席は二時間制となっておりますがよろしいですか?

満席の時なら分かるのだが、空いている時にもコレを言われると、"こんなに空いているのに?"と不思議に思う。普通のお店で普通の客なら大抵は2時間以内で食事を終えると思うし、わざわざ聞く意味が良く分からない。

この言葉が出来た理由を考察する

食べ終えたあとに会話に夢中になって長居する客がいるからだろう。追加注文の無い客に長居されると店としても回転率が悪くなり売上も落ちるのは良く分かる。

しかし、言葉の出来た理由がハッキリしているからこそ、店内ほとんどが空席の状況でコレを言われると、とても滑稽に聞こえて困惑する。

お値段は変わりませんがよろしいですか?

炭水化物を控えたい時など、「ご飯を半分にしてください」と注文する事もある。その時にたまに言われるのがコレだ。

この言葉が出来た理由を考察する

「ご飯を半分にしていいから50円下げてくれる?」という客がいたという事だろうか。そもそも、ご飯を減らすと値段が下がる店はちゃんと"50円引き"とメニューに書かれていたりするし、どこにも書かれていなければ値段が変わらない事くらい言われなくても分かる。

注文する側は、

"値段を下げたい"からご飯を半分にしてほしいのではなく

"炭水化物を控えたい"からご飯を半分にしてほしいのだ。

もちろん、何も言わずに頼んでご飯半分を残して帰るという事も出来るが、食べ物を残す事をお行儀の悪い事だと思っているので注文時点で適正な量を伝えるようにしている。

しかし、実際のところ店員側としてはご飯の量を減らすのは面倒くさい事かもしれず、『お値段は変わりませんがよろしいですか?』という言葉の裏には"アンタのだけご飯少なくするの面倒くさいし安くならないんだから残したければ半分残せよ"という意味が込められているようにも感じた。

感じたこと

3つの言葉に共通するのは、わざわざ言わなくてもいい事を言われてケチを付けられたように感じるという事だ。しかし、いわゆる普通のお店にそこまでの気遣いを要求するのは酷な事かもしれない。

不快感は表情には出さず、

  • 「予約してません」
  • 「2時間で帰ります」
  • 「値段そのままで大丈夫です」

と、伝えればいいのだろう。

 

www.ten-milli.com