年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

イライラしない生き方

f:id:ten-milli:20200830112146j:plain

僕は精神的に未熟でとても短気だ。金銭的にある程度の余裕が出来て、心にも余裕が出来た部分もあるが、一方でもっと短気になった部分もある。なので、そもそもイライラする状況にならないように普段から心がけている。

人に会わない

まずこれが一番大事だ。世の中の揉め事の多くは人と人の考えが異なる事から始まる。1人でいればケンカにならない。人に会う機会を減らすという事は、イライラする機会を減らすのにとても大切な事だ。

人が集まる混雑している場所に行くのは出来るだけ避けるべきだし、友人や結婚相手と文句を言い続けながら一緒にいる必要も無いと思う。

人に期待しない

誰かが期待通りの行動をしてくれないとイライラする。だから期待しない。

  • ミスをした、怒られた、裏切られた、約束を破った、大切にしてくれなかった。
  • 歩きスマホや、タバコのポイ捨て、騒音、あおり運転、割り込み。

20代の頃だったか、『誰かに失礼な真似をされてイライラしたら、可哀そうな人だと思って怒りは胸に仕舞いなさい』とアドバイスされた覚えがある。"そんな事出来るか!"と当時は怒りが収まらなかったが、今は出来るようになった。

怒りを我慢出来るようになった訳ではなく、天気予報が当たった時のように"やっぱりその程度の人か"と思うようになっただけだ。

そもそもガッカリさせられるような人や不快な気持ちにさせられる人達が集まりやすい場所を避けるようになったし、本当に付き合う価値がある人間は少ない。

SNSをしない

SNSもほとんど見た事がない。これまでに流行ったと思われるMixi、Twitter、Facebook、Instagramなどもやりたいと思った事がない。

誰が何をしたとか、何を持っているとか、見なければ誰かを意識したり嫉妬する事も無いし、無理して見栄を張る必要も無い。マウントされる事も無いしマウントする必要も無い。

自分自身はブログを書いたりもしているが単なる記録に過ぎず、ゲームもオンラインではやらない。

無駄遣いしない

お金の余裕は心の余裕、時間の余裕も心の余裕だ。つまり、お金と時間どちらも減るとイライラに繋がるので無駄に使う事を避けなくてはならない。人に会わなければお金も時間も節約出来る。人を意識しなければ持つ必要が無い物も多い。

時間の使い方に関しては行列には並ばないし、長居もしない。残業もしない。遅刻してくるような人とは関係を断つ。

お金の使い方に関しては値段では無く価値を見るようにしている。千円だから安い、一万円だから高いという単純な事ではなく、価値の方が上回れば"安い"と感じるし、値段の方が上回れば"高い"と感じる。

執着しない

人にも物にも執着しない。いつまでも共にあるわけではない。人間に寿命がある以上、限られた時間を少しだけ共有できるだけだ。物は壊れる。人間関係も壊れる。壊れる事が分かっていて大切にするのなら良いと思う。執着はしないが、自分を大切にしてくれる存在には、やはりそれなりの恩義を感じて最大限の感謝を行動で示している。 

所属しない

学校や会社について文句を言い続けながら通っている人を見ると何故なのだろうと不思議に思う。僕自身はイライラする状況に身を置き続ける事はなく、学校は辞めた、会社も辞めた、サラリーマンも辞めた、現場も辞めた。

気に入らない校則・社則、人・上司の事を"変えてやろう"とアレコレ努力したりするよりも辞めればスッキリする。残念ながら人も組織も変わらない。時間の無駄だ。

テレビを見ない

好きな芸能人だけ出ていればいいが、嫌いな芸能人が出る事もある。人をイライラさせる事が目的の番組がある。不快なCMが流れたりする。昔は瞬間的にチャンネルを変えていたが、もっと良い方法があった。最初から見なければいいのだ。

テレビを見なければCMも見ない。CMを見ないので新たなサービスや商品を知る事もない。知らないものは欲しくなる事もない。

テレビを見なくなって数年が経過した。時間もお金も増えた。

ニュースを見ない

誰と誰が付き合っている、結婚した、離婚した、浮気した、政治、犯罪、心無い事件。人をイライラさせる事が目的のニュースがある。これも同じく最初から見なければいい。自分に影響のあるニュースはほとんどない。自分の貴重な時間を使ってイライラする事は避けたい。見る必要があるのは経済ニュースくらいだろう。

その結果どうなるか

  • イライラする機会が減るのでイライラの沸点も下がる。
  • 徹底的に人との関わりを避けるようになるので孤独を感じる。
  • 言葉が上手く出てこない時がある。
  • 浮世離れしているな、と感じる事がある。
  • 人に会った時、嬉しくてつい喋り過ぎてしまう。

これらは自分で選んだ結果なので甘んじて受け入れようと思う。