年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

海外旅行にスーツケースは必要か?

スーツケース

スーツケースといえば旅の必需品のように思えます。しかし、スーツケースは本当に必要なのでしょうか。様々な観点から考えてみました。

スーツケースとバッグのイメージ

一般的にそれぞれ以下のような印象を持つかと思います。値段はピンキリですので条件から外しました。

  スーツケース バッグ
耐久性 高い〇 低い×
防犯性 高い〇 低い×
耐水性 雨に強い〇 雨に弱い×
容量 大きい〇 小さい×
移動 車輪で楽々〇 重くて疲れる×

耐久性

スーツケースの方が強度は高いです。飛行機などで荷物を預けると、場合によっては雑な扱いを受ける事もあるでしょう。頑丈な方が良いですよね。

防犯性

耐久性とも関係してきますが、バッグはナイフで切られてひったくられるかもしれません。スーツケースは頑丈ですし、施錠も出来ます。

耐水性

素材にもよりますが、一般的には金属やプラスチックなどで作られているスーツケースの方が雨にも強いのではないでしょうか。

容量

こちらもスーツケースの方が容量は大きいと思います。

移動

車輪が付いているので移動が楽なのがスーツケースの良いところですよね。

イメージについての考察

上の結果を踏まえると、確かに旅行にはスーツケースを選んだ方が良いように思えます。ですが本当にそうでしょうか。

スーツケースとバッグの使用状況比較いろいろ

今度は実際に旅行で使用した場合を考えてみます。スーツケースは機内持ち込み可能な大きさの物もあると思いますので大小に分けました。バッグはスーツケース(小)よりもさらに小さい物とします。

  スーツケース(大) スーツケース(小) バッグ
機内持ち込み 不可× 可能〇 可能〇
空港預け入れ時間 必要× 不要〇 不要〇
空港預け入れ金額 航空会社による× 航空会社による△ 不要〇
機内での収納 不要〇 頭上に入れる× 足元可能〇
荷物の取り出し 不可× 可能△ 可能〇
空港受け取り待ち あり× なし〇 なし〇
旅行中の移動 大変× 大変× 楽々〇
ロッカー探し 必要× 必要× 不要〇
自宅での保管 場所を取る× 場所を取る× 場所を取らない〇

機内持ち込み

スーツケース(大)は機内持ち込み不可です。スーツケース(小)とバッグは機内に持ち込めます。

空港預け入れ時間

スーツケース(大)は荷物を預けるために空港カウンターに寄らなくてはいけません。一方、スーツケース(小)とバッグはWebチェックインしていればカウンターに寄る必要なくスムーズに検査場に向かえます。

空港預け入れ金額

航空会社によりますが、特にLCCなどではスーツケース(大)は追加料金を取られる可能性が高いです。重さによってはスーツケース(小)も料金が発生する可能性があります。一方、バッグは追加料金を取られる可能性は低いでしょう。

機内での収納

スーツケース(大)は預けてしまえば機内では手ぶらですので楽に思えます。しかし、あとで必要なものに気付いても預けてしまっているので取り出す事が出来ません。スーツケース(小)はシートベルトサインが消えれば荷物を取り出す事が出来ますが頭上の収納棚に入れねばならず、混雑している状況では空いている棚が近くに無かったり、頭上まで持ち上げるのが大変だったりします。

一方、バッグは足元に仕舞えますので楽です。好きなタイミングで荷物も取り出せます。(非常口前の席などは頭上収納の場合があります)

空港受け取り待ち

目的地に到着後、スーツケース(大)は預けた荷物を受け取らなくてはいけませんので荷物が出てくるまで待つ必要があります。一方、スーツケース(小)とバッグは飛行機から降りたらスムーズに入国検査や出口に向かえます。スーツケース(大)の人が荷物を受け取る頃には、スーツケース(小)とバッグの人は空港を出ているかもしれません。

旅行中の移動

平らな道ばかりではありません。混雑している場所・階段・石畳・舗装されていない道もあります。スーツケース(大)(小)は周囲の状況や路面の影響を受けます。

バッグは状況に左右されません。

ロッカー探し

移動に不便なのでスーツケース(大)(小)をロッカーに入れる事にしました。しかし空いているロッカーが見つかりません。歩き回ってやっと見つけたロッカーにお金を払ってスーツケースを入れます。しばらくは楽に移動する事が出来ますが、あとで取りに戻って来なければなりません。

バッグは預ける必要がありません。

自宅での保管

旅行で使う日以外は自宅で保管します。スーツケース(大)(小)は荷物がたくさん入りますが、大きければ大きいほど使わない時は邪魔です。バッグは中身が入っていなければ小さく畳む事も出来ます。

使用状況比較いろいろについての考察

いかがでしょう。実際に使用する状況を考えると、スーツケースは便利どころか圧倒的に不利に感じます。

「旅行にはスーツケースが必要だ」⇒「どうせなら大きなものにしよう」⇒「まだまだ荷物が入るからアレもコレも入れよう」⇒結果、重くなる⇒いろいろと不都合が生じるというワケです。

スーツケースとバッグのイメージについて振り返る

そもそもスーツケースの耐久性は荷物を預けたり、路面をひいて歩く事を前提にしていると思います。バッグのように自分で持ち歩くならそこまでの耐久性は必要ありません。

防犯性に関しても、ナイフで脅されればスーツケースとバッグの違いはありませんし、バッグは肩にかければ傘の下に入りますのでスーツケースよりも雨に濡れにくいです。
そして手に持って歩かなくてはいけない状況では、圧倒的にバッグの方が楽なのです。

僕も初めての海外旅行に行く時にスーツケースを買おうか悩みましたが、結局バッグにしました。実際に旅行してみると特に不都合は無く、とにかく楽でした。荷物を減らすことによるメリットは計り知れません。

以前の僕

そんな僕も以前は1泊2日の国内旅行でもスーツケースを使っていました。茶色のユーラシアトランクをひいていると、旅行している気がしてテンションがとても上がりました。しかしやっぱり人ごみでは気を遣いましたし、たくさん詰め込んで重たくなってしまうので階段や路面の悪い場所では大変でした。

そして、なにより家に置いてある時に本当に邪魔でした。車輪の汚れを拭いたりする手間もありますし、ぶつかったりした時に出来た傷も気になりました。長期間使わないでいるとカビてしまわないかという心配もありました。

現在の僕

実は普段使いのバッグで海外旅行に行っています。色々なホテルで『あなたの荷物はどこですか?えっ!肩に下げてるそれだけ!?』と驚かれました。LCCでは『重さを量りますので荷物を台に置いてください。それ1つだけ!?、であれば大丈夫です。』と言われました。見ただけで機内持ち込み無料の重さだと分かったのでしょう。

最後に

ダイエットするなら茶碗を小さくしろと言います。つまり、あらかじめ小さめの器を選ぶことによってご飯の量を減らせるわけです。バッグも同じです。小さめのものを選べば必然的に荷物の量を減らす事が出来ます。それが結果として時間とお金の節約に繋がります。

スーツケースが絶対に必要と考えている方も、一度小さめのバッグで旅行すると、"今までの旅行は何だったのか"と、その身軽さに驚くと思います。

バッグ

バッグ

バッグ

旅行をもっと身近に。お散歩気分で旅に出かけましょう。

 

www.ten-milli.com

www.ten-milli.com

www.ten-milli.com