年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

コロナウイルス関連~出費の変化~

コロナ前後でお金の使い方が変化しました。

仕事着

  コロナ前 コロナ後
194,158円(4着)
[紳士服店]
0円
[カジュアル店]
58,320円(2足)
[百貨店]
0円
[ネット購入]
カバン 37,908円
[百貨店]
3,818円
[ネット購入]
合計 290,386円 3,818円

以前は紳士服店で購入したスーツを着ていましたが、私服OKの現場だった事に加えてリモートワークが増えたため思い切って全て捨てました。今では私服で出勤する事にも慣れて快適です。クローゼットもスッキリしました。

なぜ数万円もするスーツを何着も購入していたのかと不思議に思います。

以前は百貨店で購入した革靴を履いていましたが、カカトが擦り減ってきていたため思い切って全て捨てました。今では普段のスニーカーで出勤していますので歩きやすくて快適です。下駄箱もスッキリしました。

なぜ数万円もする革靴を購入してクリームを塗って磨いて防水スプレーをかけたりして時間までムダにしていたのかと不思議に思います。

カバン

以前は百貨店で購入したカバンを持っていましたが、持ち手などがヘタレてきていたため思い切って捨てました。新たにノートPCが入る大きさの片掛けリュックを購入し使っています。出費は1/10で済みました。

なぜ数万円もするカバンを購入して持ち歩いていたのかと不思議に思います。

メディア

  コロナ前 コロナ後
映画
ドラマ
3,000円
(1か月平均)
[レンタル店]
1,490円
(1か月固定)
[動画配信]
合計 3,000円 1,490円

映画・ドラマ

以前はレンタル店で新作映画を借りていましたが、大作映画が公開延期のため魅力的な新作が入荷されないため旧作ばかり見る日々が続いたため動画配信サービスを契約しました。

本来サブスクリプションサービスは好きではないため、コロナが明けて新作の大作映画が入荷される日々に戻ったら再びレンタル店に通う予定です。

www.ten-milli.com

感じたこと

コロナは格差を広げ、世界を大きく変えました。

僕もスーツを捨てて実店舗に行かない生活に慣れてしまいましたが、紳士服店や百貨店などが赤字で苦しんでいる一方で動画配信サービスやゲーム会社など大幅に業績を伸ばしている業界もあります。

これから世界はどうなってしまうんだろうと、とても不安に思います。

 

www.ten-milli.com