年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

コロナウイルス関連~国からの支援の享受2~

www.ten-milli.com

Go To Eatキャンペーン

予算が上限に達して終了となったようだが延期の話も出ているようだ。申し訳ないが全く興味がなく、利用方法について全く知らないし知りたいとも思わなかった。制度を悪用して無銭飲食を繰り替えす人々がいるというニュースを見て心の貧しさに嫌悪感を覚えるだけだった。

関連する印象に残った話を2つ書きたい。

行列の話

ある日、近所の酒屋さんの前を通ると50人くらいの行列が出来ていた。普段は店内に5人も客がいれば多いくらいなので外にまで行列が出来るなんてありえない。"ボジョレー解禁とかそういうやつか?"と思ってその日は気にせず通り過ぎたが後になって理由が分かった。

”プレミアム食事券”の販売だったらしい。

10,000円で12,500円使えるとかいう食事券は色々考えるとはたして本当にお得になるのか疑問に感じたが、購入した人達にとっては満足なんだろうと思う。

www.ten-milli.com

ホテルレストランの話

4年前、平日のランチで何度か利用した事のあったホテルのレストランに久しぶりに行ってみた。思い出の中の当時の様子は天井が高く広々としていて、屋内なのにレストランの周囲は堀のように水で囲まれたラグジュアリーな空間になっており、周辺の会社で働いているらしき時間やお金に余裕があると思われる人達が談笑しながらランチコースを楽しんでいた。

当時の様子を頭に描きながらレストランに到着すると僕の笑顔が消えた。

あの印象的だったレストランの周囲を囲んでいた水は無くなってただの床になってテーブルが増やされ、優雅だったコース料理はバイキングに変わって皿を持って歩く下品な人達で溢れかえり、ラグジュアリーを感じられる場所では無くなっていた。

"あのレストランは無くなったんだな"と、僕はお葬式に参加したような表情でそれを眺め、他の店を探す事にした。 

Go To トラベルキャンペーン

こちらも申し訳ないが全く興味がなく、利用方法について全く知らないし知りたいとも思わない。10月から東京も対象となったが12月に入ってまた自粛だとか、延期する・しないとかで良く分らない。

"高級=居心地が良い"ではない

海外に行けないので仕方なく国内でどこかに行こうと思うと高いホテルほど予約が取りづらかったり金額が上がっているのを感じる。高いホテルの方がお得になるので普段は下のグレードのホテルを利用している人が割引率の高い上のグレードのホテルを利用しているらしいというニュースも見た。

高級なホテル、高級な飲食店、飛行機のファーストクラス、ビジネスクラスなどに共通するのは人が少なく空間に余裕があるという事だ。そこへ普段来ないような人が殺到して混雑している状況では、行列や人ごみが嫌いなお金持ちの人は行く気にはならないのではないだろうか。

終わりが無かったらどうする

キャンペーンも早めに終わってほしいと思っていたが、2021年6月まで延長される事になったらしい。悪夢のようにも感じるがオリンピックに向けて海外との往来を無理矢理に再開させる可能性もあるので、ひょっとすると海外旅行が可能になるかもしれない。

そうすれば国内旅行はお得を求める人達にお任せして僕自身は再び海外に出ようと思うが最悪の場合は、

  • オリンピック期間だけ海外からの観光客を受け入れる
  • 日本から海外へ出るのは禁止
  • オリンピック終了後は再び鎖国

というのもありうると思っている。

感じたこと

コロナ前に行列が出来ていた飲食店が潰れたり行列が消えたりしている一方で、コロナ後に人気が出た飲食店もあるのが面白いと思う。どこで食事をするかというのはある意味で人気投票のようなものなので、普段から客をどれだけ大切にしているかというのが結果として出るのではないだろうか。

潰れてはいけないお店もたくさんあるが、潰れて納得の店もたくさんある。

旅行に関しては観光名所を回るよりもホテル滞在型の旅行が好きなので、ビーチリゾートで過ごしたい僕にとって日本の冬はつまらないし、日本の夏は人が多くて値段も高くて旅行する気にならない。

今後も自粛延期、Go To延期と続けられたらどうするか。

今のところ良い方法が思いつかず、つまらない日々を送っている。