年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

行列を見ると悲しくなる~コストパフォーマンスとは~

行列

僕は昔から行列が好きでは無かった。子供の頃は並ぶのが嫌な理由が分からなかったが、大人になり40歳を超えた今になってやっとその理由が分かった。

いつでも行列が出来るお店

総合的な満足度が高いので人気なんだと思う。固定客がいるのはいい事だと心から思う。しかし僕はこういうお店には行く事はほぼ無い。

8時間待ちのハンバーグ屋さん

友人が「ハンバーグの店に連れて行きたい」というので行ってみると開店前だというのに駐車場はほぼ満車で、店内には30人くらいの人が座ったり立ったりして開店を待っていた。店内の機械で確認すると僕らの順番の予定時刻は8時間後と表示された。

僕らは"また今度にしよう"と諦めたが、申し訳ないが僕自身の意志で再訪する事は無いと思う。今お腹が空いていて飲食店に入ったのに、まさか一度出て他の店で食事をしてから8時間後にまた来いという事だろうか。

それにしても不思議だ。店内で開店を待っている人達と駐車場で待っている人達の全員に食事を提供しても8時間もかからないと思うが、何がそんなに時間がかかるのだろう。

1,000円の床屋さん

おそらく安くて手軽だからという事でみなさん並んでいるのだと思う。でももっと安く済ませたいなら自分で髪を切ればいいのだが、やはり自分で切るのは面倒くさいのだろうか。

何の前触れもなく急に行列が出来るお店

普段はそれほど人がいないようなお店に急に行列が出来たりする事がある。こういったお店は時々利用するので行列が出来ていると驚く。行列の理由は大抵その日限りの大幅な値引きや無料提供だ。

こういった急に現れた行列を見ると戦争中の配給や災害時の炊き出しのように見えて悲しくなる。

シュークリームのお店

持ち帰り専門のシュークリームのお店で、普段は多くても2,3人しか並ばないお店に30~40人くらいの行列が出来ている日があった。おそらく半額の日などの理由だったのだと思う。次の日にはあっさりと行列は消えた。

ラーメン屋さん

立地からして普段は満席になるようなお店ではないのだが、20~30人くらいの行列が出来ている日があった。おそらく1杯100円とか、無料だったのだと思う。

次の日にはあっさりと行列は消えた。 

つけ麺屋さん

こちらは満席だったり、ガラガラだったり、日によって波のあるお店だが、やはり歩道上を折り返すように30~40人くらいの行列が出来ている日があった。その日は1杯無料だったようだ。昼から夜まで行列が絶えなかった。

しかし、次の日にはあっさりと行列は消えた。

カレー屋さん

平日のランチタイムに行ってみると普段はそれほど混んでいないのに店の外まで行列が出来ている日があった。入店してから知ったのだが、月に3回くらいあるトッピング無料券がもらえる日だった。おそらく100円くらいの価値だろうか。

知っていれば他の日に来たのだが、仕方なく並んだ。

トッピング無料券のもらえる日を避けると、やはり行列は無かった。

宝くじ屋さん

毎年、年末になると行列が出来る。誰の言葉が知らないが、"宝くじは貧乏人の税金"とは良く言ったものだと思う。飲食店ならお金を払えば食事が出来るが、ここではお金を払って何が手に入るのだろう。

仮に高額当選しても数年で破産する人がほとんどだという事を、並んでいる人達は知っているのだろうか。

どれを選ぶ?

仮に、飲食店で次のような条件を出されたらどれを選ぶだろうか。

  • すぐに食事するなら800円
  • 30分立たされた後に食事するなら400円
  • 1時間立たされた後に食事するなら0円(無料)

毎日3食を1時間待ちならかなり食費が浮くが、3時間を無駄にするのでその人の1日は21時間だ。1ヵ月だと90時間。1年では1,080時間が無駄になる。1,080時間といえば45日なので、すぐに食事をする人に比べて1年が1ヵ月半少ないという事だ。僕にはとても恐ろしく感じられる。

コストパフォーマンスとは

一般的には

飲食店だと

  1. 安くて
  2. 量が多くて
  3. 美味しくて
  4. 行列

というようなお店がコストパフォーマンスが良いと言われる事が多いと思うが、4番目の行列、すなわち「時間」という概念が考慮されていないように思う。

僕にとっては

  1. とにかく並ばずすぐに着席できる
  2. そこそこ美味しくて
  3. そこそこ量があって
  4. そこそこの値段

というようなお店がコストパフォーマンスの良いお店だ。

"好きなお店だから並ぶ"なら良いが、"コストパフォーマンスが良いから並ぶ"というのは、実はコストパフォーマンスが悪いという事に気付いていない人は多いのかもしれない。