年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年10月 ラスベガス・ロサンゼルス旅行 3日目~カリフォルニア・サイエンスセンター編3~

www.ten-milli.com

色々な展示を見たあと、エンデバーの前に到着しました。

カリフォルニア・サイエンスセンター

エンデバー

ja.wikipedia.org

f:id:ten-milli:20201009131323j:plain

扉を開けるとすぐに巨大なエンデバーが目に入りました。

f:id:ten-milli:20201009131714j:plain

宇宙に25回も行って帰ってきた夢のような乗り物です。

f:id:ten-milli:20201009132108j:plain

巨大な機体の下を歩けるようになっています。

f:id:ten-milli:20201009132145j:plain

底面に隙間なく貼られた耐熱タイルを見る事が出来ました。

f:id:ten-milli:20201009132544j:plain

後部のロケットエンジンノズルも巨大です。

f:id:ten-milli:20201009132714j:plain

こんなすごいもの、中々見る機会はありません。

f:id:ten-milli:20201009132819j:plain

とにかく巨大です。

f:id:ten-milli:20201009132920j:plain

ロケットエンジンが展示されていました。

f:id:ten-milli:20201009133018j:plain

翼の下も歩いてみます。

f:id:ten-milli:20201009133054j:plain

普通の飛行機と同じくフラップ部分が可動するようです。

f:id:ten-milli:20201009133233j:plain

端の方はタイルではなく特殊な加工がされているようでした。

f:id:ten-milli:20201009133431j:plain

壁に寄せ書きされた看板があり、その意味を理解しました。これまでに25回のミッションを終えて、26回目のミッションがこのセンターへの移動だったんですね。なので「MISSION 26」と命名されていたんです。なるほど。感動ですね。

f:id:ten-milli:20201009133914j:plain

出入り禁止のドアからオレンジ色のものがチラッと見えました。

f:id:ten-milli:20201009134020j:plain

これはきっとアレですね。打ち上げの時に使われる燃料タンク。

f:id:ten-milli:20201009134128j:plain

あまりにも大きすぎて外に置くしかなかったんだと思います。

f:id:ten-milli:20201009134506j:plain

それにしても美しい機体です。正に科学の結晶。サイエンスセンターに置かれるのが一番だと思います。

f:id:ten-milli:20201009134555j:plain

機首の辺りにはお土産屋さんがありました。

f:id:ten-milli:20201009134718j:plain

売り物では無いかもしれませんが、ちょっとしたミニチュアも置かれています。

f:id:ten-milli:20201009135035j:plain

機首部分を見上げました。

f:id:ten-milli:20201009135106j:plain

そういえば、どこから乗り降りするんでしょう。何だか黄色い矢印のところが怪しい気もします。

f:id:ten-milli:20201009135349j:plain

先端部分に立ってみました。とにかくデカイです。

f:id:ten-milli:20201010114801j:plain

エンデバーを支える耐震装置の説明がありました。

f:id:ten-milli:20201010111723j:plain

液晶ディスプレイには計器類が並ぶコクピットなどの映像が映し出されていました。Live viewsと書かれているのでライブ映像なんだと思います。

f:id:ten-milli:20201010111951j:plain

入り口のディスプレイにはエンデバーの映像と共に荘厳な音楽が流れていて感動を盛り上げます。 

f:id:ten-milli:20201010112315j:plain

ORBITING WORKSHOP。実験室のようなものでしょうか?

f:id:ten-milli:20201010112433j:plain

中を覗き込むと、、、。何とも言えない感じです。

f:id:ten-milli:20201010112524j:plain

後方の壁にはアメリカ国旗が掲げられ、その下にもパネルが並んでいます。

f:id:ten-milli:20201010112712j:plain

これまでのスペースシャトル計画の歴史です。コロンビア号の名前を見ると胸が痛みます。

ja.wikipedia.org

f:id:ten-milli:20201010112910j:plain

まだ小学生だった頃に見たチャレンジャー号の映像はとても衝撃を受けました。

ja.wikipedia.org

f:id:ten-milli:20201010113652j:plain

もう一度エンデバーを見て、人類の挑戦と亡くなった方々を想い胸が熱くなりました。

f:id:ten-milli:20201010114006j:plain

後方の焼け焦げたような跡に多くの困難を乗り越えてきた重みとロマンを感じます。

f:id:ten-milli:20201010114236j:plain

真下に入ってみました。手を伸ばせば触れられそうですが、

f:id:ten-milli:20201010114341j:plain

触ってはダメです。ちゃんとルールを守りました。

f:id:ten-milli:20201010114459j:plain

というか、普通の人間が触れてよいものではないです。あまりにも伝説的で神話のような存在で、まるで役目を終えて眠りについたドラゴンのようにも見えます。

f:id:ten-milli:20201010115344j:plain

感動の余韻に浸っているとツアー客らしき8人組が入ってきて急に騒々しくなりました。その内の一人が「でっけー!」と騒いでいます。そうです、あの無粋な黄色いサル。日本人です。

欧米の皆さんが静かにエンデバーを眺めているところ、恥ずかしながら日本人が1番うるさかったです。何度か海外旅行に行って分かりましたが、日本人はマナーがいいなんていうのは幻想です。マナー知らずでやかましい連中です。

仲間だと思われたくないのでこの場を離れる事にしました。

f:id:ten-milli:20201010115805j:plain

素敵なものを見る事が出来ました。人生においてとても貴重な経験でした。とても満足です。そしてうるさくて下品な日本人がいなければ本当に最高でした。

外部燃料タンク

f:id:ten-milli:20201010120203j:plain

外に置いてある外部燃料タンクも見てみます。

f:id:ten-milli:20201010120310j:plain

周りには竹のようなものが生えていて、何だか和風な世界観。

f:id:ten-milli:20201010120432j:plain

パネルには内部構造が描かれています。

f:id:ten-milli:20201010120506j:plain

タンクの向こうに見える車と比べると巨大さが分かります。

f:id:ten-milli:20201010120549j:plain

リフト車と比べてもこの通り。

f:id:ten-milli:20201010120646j:plain

センター内に戻ります。

 

www.ten-milli.com