年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年10月 ラスベガス・ロサンゼルス旅行 3日目~カリフォルニア・サイエンスセンター編2~

www.ten-milli.com

サイエンスセンターで宇宙船を見学しました。

カリフォルニア・サイエンスセンター

2階

f:id:ten-milli:20201005224218j:plain

キッズ向けの体験コーナーには色々な遊びがありました。

f:id:ten-milli:20201005224455j:plain

中央の吹き抜けに戻ってきました。

f:id:ten-milli:20201005224604j:plain

壁際には、このセンターにエンデバーが運ばれてきた来た時の様子が展示されています。

f:id:ten-milli:20201005224849j:plain

2012年10月、ロサンゼルス空港から20kmの距離を68時間かけて運ばれてきたようです。地元だったら絶対に見に行きますよね。

※別の場所で動画も上映されていました。

f:id:ten-milli:20201005225203j:plain

ラスベガスで僕から20ドル札2枚を騙し取った貧乏ヴィランも写っていました。何だか複雑な気持ちです。

www.ten-milli.com

f:id:ten-milli:20201005225859j:plain

3Fへ行ってみます。

f:id:ten-milli:20201005230138j:plain

ここまで上がってくるとジェット戦闘機にも手が届きそうです。

3階

f:id:ten-milli:20201005230326j:plain

黒い方はF20 TIGERSHARK。3機しか作られておらず、他の2機は墜落。現存する最後の1機のようです。

白い方はNORTHROP T38 TALON JET TRAINER。練習機です。

f:id:ten-milli:20201005231123j:plain

前から見てもカッコイイですね。

f:id:ten-milli:20201005231243j:plain

3階はあまり見どころがなく閑散としていました。

f:id:ten-milli:20201005231542j:plain

なぜかHIGH WIRE BICYCLEという綱渡りのようなアトラクションがありました。科学と全く関係ないような気がします。

f:id:ten-milli:20201005231743j:plain

2階へ戻ることにしました。

再び2階

f:id:ten-milli:20201006110527j:plain

あと行っていないのはこちらの入口ですね。

f:id:ten-milli:20201006110720j:plain

エンデバーの文字を発見して期待が高まります。

f:id:ten-milli:20201006111115j:plain

中に入ると3面を巨大スクリーンに囲まれた部屋でした。

f:id:ten-milli:20201006111241j:plain

何だか良く分からないですけど映像を見ているとワクワクします。

f:id:ten-milli:20201006111327j:plain

巨大スクリーンの部屋を抜けるとまた入口がありました。エンデバーと書かれた方に入ってみると、

f:id:ten-milli:20201006111551j:plain

コントロールセンターのような計器類が並んでいます。

f:id:ten-milli:20201006111802j:plain

吹き抜けの場所に出ました。エンデバーの巨大な垂れ幕が目を引きます。

f:id:ten-milli:20201006111911j:plain

階段を降りてみます。

1階

1階にはゾーンごとに分かれた色々な展示がありました。

f:id:ten-milli:20201006112126j:plain

Global Zone。

f:id:ten-milli:20201006112218j:plain

巨大な光る地球儀です。

f:id:ten-milli:20201006112414j:plain

River Zone。川について学べるようです。

f:id:ten-milli:20201006112525j:plain

Kelp Forest。森について学べるようです。

f:id:ten-milli:20201006112638j:plain

正直、エンデバー以外にはあまり興味を持てず、そろそろエンデバーを見に行ってみる事にしました。どうやって行くのか観察しているとスタッフさんにチケットを見せて外へ出ている方がいたので、それに倣って外に出ました。

f:id:ten-milli:20201006112929j:plain

いよいよです。この扉の向こうにエンデバーが待っています。

 

www.ten-milli.com