年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年10月 ラスベガス・ロサンゼルス旅行 2日目~ベラージオ噴水でヒーローに遭遇編~

www.ten-milli.com

昼食のあと、ショッピングモールをお散歩しました。

心付け

16:20 起きました。忘れないうちに枕元に2ドルを置き、おやつ代わりにポップコーンを食べました。

f:id:ten-milli:20200912102138j:plain

17:26 そろそろ日が沈み始める時間です。 

ベラージオへ

19時からの"オー"を見るためにベラージオへ向かいます。

f:id:ten-milli:20200912102926j:plain

外に出るとHELL'S KITCHENが目に留まりました。後で行く予定です。

f:id:ten-milli:20200912103205j:plain

赤と白のサーカステントのような建物には何があるのでしょう?

f:id:ten-milli:20200912103131j:plain

並ぶ車のライトが綺麗です。

f:id:ten-milli:20200912103520j:plain

そろそろネオンが灯る時間でしょうか。

f:id:ten-milli:20200912103609j:plain

ベラージオ側に渡りエスカレーターで下に降りました。回転ドアから出ると噴水の脇に出ます。

噴水周辺

f:id:ten-milli:20200912164701j:plain

17:39 タイミング悪く、噴水ショーの合間の時間でした。次は18時ですね。

f:id:ten-milli:20200912164954j:plain

向こう側にベラージオと、

f:id:ten-milli:20200912165043j:plain

シーザーズパレスが見えます。

f:id:ten-milli:20200912165315j:plain

反対側にもホテルが並んでいるようです。

f:id:ten-milli:20200912165149j:plain

手すりに"OUR LAW DOESN'T JUDGE A MAN BEFORE IT HEARS FROM HIM AND KNOWS WHAT HE'S DOING."と書かれていました。調べてみると聖書の一文らしいのですが、難しくてよく分からないですね。

まさかの出会い

歩いているとアイアンマンとスパイダーマンがいました。これまでの全てのMCU作品を見ており、ちょうどエンドゲームまで見終えていた僕は思わず自分から寄って行ってしまいました。フレンドリーに話しかけられて、なんとベラージオをバックにスマートフォンで写真を撮ってくれるそうです。

f:id:ten-milli:20200912170110j:plain

拳を突き出すポーズ。むっちゃ笑顔です。(撮影:スパイダーマン)

f:id:ten-milli:20200912170233j:plain

ガッシリと握手。とても男らしい顔をしています。(撮影:スパイダーマン)

f:id:ten-milli:20200912170423j:plain

僕を挟んで3人仲良く。自分のスマートフォンを預けているのでちょっと不安そうな顔をしています。(撮影:スパイダーマン)

f:id:ten-milli:20200912170606j:plain

拳を上に上げて力こぶ。無理に笑顔を作ってます。(撮影:アイアンマン)

f:id:ten-milli:20200912170736j:plain

最後はスパイダーマンに強烈な一撃。笑っちゃうくらい笑顔です。(撮影:アイアンマン)

ヴィラン

写真を撮り終わるとアイアンマンがスマートフォンを返してくれたのですが、『チップをよこせ、20ドルだ。』と急に態度を変えました。

え?あー、そういう話か。と急に夢から覚めてガッカリしたのですが、まーそれくらいならと20ドル札を一枚渡すと『まだ足りない。』と言われさらに20ドルを渡すハメになりました。アイアンマンは僕の手からひったくるようにお金を取るとさっさと行ってしまいました。

"まさかお金持ちのアイアンマンに20ドル札2枚を取られるなんて"と呆然とする僕に今度はスパイダーマンが『20ドルちょうだい』と言ってきます。既に2人分として20ドル札2枚を払ったと思っていたので、スパイダーマンにもチップを要求されて困りました。『お金をちょうだいパパ。』としつこく、泣きマネまでしてきます。

これ以上は嫌だなと思って「もう無いから」と伝えてその場から逃げるように去りました。

道行く人は"バカな日本人が騙されているよ"と思って通り過ぎていたんだと思います。人通りの多い道でノリノリ笑顔でポーズを決めてお金をふんだくられたバカな自分が恥ずかしくなり嫌気がさしました。

"大好きなヒーローに騙された"という事に気分は落ち込みましたがスマートフォンを取られたり壊されたりしなくて良かったです。

これからは話しかけてくる人は全員敵だと思って警戒しなくてはならないですね。

次々と

そんな事を考えながら歩いていると、すぐに老夫婦から話しかけられました。ものすごい警戒しながら話を聞くと、写真を撮ってほしいそうです。これには心良く応じ、ベラージオをバックにお二人の写真を撮ってあげました。もちろんチップなんか不要です。

また歩き出すと、今度はキャプテンアメリカやデッドプールがいて握手しようとしてきましたが、これは無視して逃げました。世界中で大人気なのは分かりますがヒーローの格好で人を騙すのは良くないと思いますね。

また、時期的にハロウィンの仮装なのかどうか良くわからないのもタチが悪いです。

噴水ショー

f:id:ten-milli:20200912173350j:plain

やっと落ち着きました。この辺りまで来ると人も少ないです。

f:id:ten-milli:20200912173510j:plain

正面の通りは人が多くて、良い人も悪い人もいます。人に近づかなければ失望もしませんし騙される事や憎しみも起きませんが、喜びや楽しみ・友情や愛情も得られないという事に気が付きました。まるであの通りは人生のようです。

本当は正面辺りで噴水ショーを見たかったのですが、戻るのは気が進みませんでした。

f:id:ten-milli:20200912174008j:plain

どこからか音楽が聞こえるなと思ったら手すりのところにスピーカーがありました。

f:id:ten-milli:20200912174156j:plain

18:02 少し遅れて噴水ショーのスタートです。

f:id:ten-milli:20200912174740j:plain

暗くなり周辺のホテルもライトアップされて綺麗になってきました。

f:id:ten-milli:20200912174844j:plain

噴水ショーは1回あたり、わずか3分で終わるようです。また寒くなってきました。

f:id:ten-milli:20200912175006j:plain

18:06 すっかり夜のラスベガスです。

f:id:ten-milli:20200912175120j:plain

噴水脇を歩いてベラージオに入ります。

 

www.ten-milli.com