年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年6月 アブダビ・ドバイ旅行 5日目~ブルジュ・ハリファ編2~

www.ten-milli.com

4つのエレベーターを乗り継ぎ、ブルジュ・ハリファの154階に到着しました。

154階

f:id:ten-milli:20200515075913j:plain

エレベーターを降りると、ラウンジで歌っている女性の姿が目に入りました。

f:id:ten-milli:20200515080203j:plain

スタッフさんにチケットを渡して先へ進みました。けっこう狭いです。エレベーター近くにはソフトドリンクが置いてありました。

f:id:ten-milli:20200515080507j:plain

まだ時間が早いせいかラウンジにはそれほど人がおらず、みなさん窓側にいます。歌っている女性に申し訳ない気持ちを感じつつ、僕も窓側に向かいます。

f:id:ten-milli:20200515080745j:plain

窓側に行くと、僕の後ろに並んでいた怖モテの人がいました。やっぱり迫力があります。窓側も狭いですね。

f:id:ten-milli:20200515081207j:plain

外を見るととても高いです。

f:id:ten-milli:20200515081429j:plain

遠くの方は霞んでいます。

f:id:ten-milli:20200515081538j:plain

ワインをいただきました。

f:id:ten-milli:20200515081734j:plain

他の通路も見てみましたが窓側は取られていました。展望台とはいえ全方位が窓ガラスになっているわけではないので外を見れる場所は限られており、窮屈さを感じます。

考えてみると、ブルジュ・ハリファは上に行くほど細くなっているので狭いのは当然ですよね。

f:id:ten-milli:20200515094102j:plain

下に降りてみます。

153階

f:id:ten-milli:20200515094920j:plain

会議室があります。ひょっとして世界一高いところにある会議室なんでしょうか。限られた空間の使い方としては非常に勿体ない気がします。

f:id:ten-milli:20200515095057j:plain

中央はエレベーターホールです。

f:id:ten-milli:20200515095219j:plain

やはり、夕日が見える側は埋まってますね。

f:id:ten-milli:20200515095402j:plain

夕日が見えない側は不人気で空いています。

f:id:ten-milli:20200515095521j:plain

ちょっとした休憩スペースのようなところもありました。

f:id:ten-milli:20200515095919j:plain

窓から下を覗くと、まるでミニチュアのようです。

f:id:ten-milli:20200515100113j:plain

何だか、あまりのんびり出来ません。

f:id:ten-milli:20200515100200j:plain

さらに下に降りてみます。

152階

f:id:ten-milli:20200515100321j:plain

ソファーがたくさん置いてある大きなラウンジがありますね。

f:id:ten-milli:20200515100501j:plain

周りには水が湧き出していて、外側にもソファーがあります。

f:id:ten-milli:20200515101008j:plain

中に入ってみました。ここは広々としていて寛げます。やはり構造上、下に行くほど広くなるようです。

f:id:ten-milli:20200515101114j:plain

窓側にもソファーが置いてあって景色を楽しむ事も出来るようでした。窓側は人気なので、なかなか空きません。

f:id:ten-milli:20200515101249j:plain

他のところも見てみると、夕日が見える側なのに空いている席がありました。

f:id:ten-milli:20200515101617j:plain

テラスが邪魔で外が良く見えないので人気がないようです。屋外に出るとどんな感じなのでしょうか。チャレンジしてみたいと思います。

テラス[152階]

f:id:ten-milli:20200515104014j:plain

こちらから外に出れるようです。

f:id:ten-milli:20200515104226j:plain

入口のところに注意書きがありました。外へは飲み物を持って行けないようなのでスタッフさんに渡しました。外へのドアは2重になっていて、内側のドアが閉まってから外側のドアを開けます。

スタッフさんから「風が強いので気を付けてくださいね」と言われました。

f:id:ten-milli:20200515131527j:plain

外に出ると、ゴーッと風が鳴っていて台風のような状態です。足がすくみます。

f:id:ten-milli:20200515132028j:plain

手すりに近づくのもやっとです。恐る恐る下を見ました。

f:id:ten-milli:20200515135542j:plain

高いですねー。高過ぎます。

f:id:ten-milli:20200515132306j:plain

太陽をこんな近くに感じたのも生まれて初めてです。

f:id:ten-milli:20200515132416j:plain

上が開いていますが身を乗り出してはいけません。というか、そんな勇気もありません。

f:id:ten-milli:20200515132758j:plain

屋根?というんでしょうか、面白い形をしています。

f:id:ten-milli:20200515132907j:plain

上を見上げても怖くなりました。腰が抜けそうです。こんな所でアクションをこなしたトム・クルーズはすごいと思います。尊敬します。

ja.wikipedia.org

f:id:ten-milli:20200515133247j:plain

"間違い"が起きないようにセキュリティスタッフさんが付いてくれてます。

f:id:ten-milli:20200515133600j:plain

自分では怖くて覗けないのでスマートフォンを頭の上に持ち上げてノールック撮影してみます。不慮の落下を防ぐためカメラなどをガラスより外に出す事は禁じられています。

f:id:ten-milli:20200515134249j:plain

f:id:ten-milli:20200515134656j:plain

少しだけ宇宙に入ってしまったような気がします。

f:id:ten-milli:20200515134957j:plain

太陽がある方も見てみます。

f:id:ten-milli:20200515135054j:plain

f:id:ten-milli:20200515135203j:plain

f:id:ten-milli:20200515135259j:plain

とても神秘的な光景です。

f:id:ten-milli:20200515135744j:plain

そろそろ中に入ります。

f:id:ten-milli:20200515135827j:plain

"EXIT"と書かれたボタンが緑色に光っている時に押せば建物内に戻る事が出来ます。2重ドアですので誰かがテラスに出ようとしている時は中に入る事が出来ないようになっています。

疲れたのでラウンジのソファーで5分だけ寝ました。

 

www.ten-milli.com