年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年6月 アブダビ・ドバイ旅行 3日目~アトランティス・ザ・パーム編2~

www.ten-milli.com

チェックインしましたが部屋に入れるのは15時です。

ビーチ

f:id:ten-milli:20200426134501j:plain

外を散歩してみる事にしました。

f:id:ten-milli:20200426134543j:plain

暑いです。プールは左奥のようですが後回しにして、

f:id:ten-milli:20200426134818j:plain

歩道を進みます。

f:id:ten-milli:20200426135014j:plain

ビーチへ出ました。ビーチバレーのネットが見えます。

f:id:ten-milli:20200426135147j:plain

ビーチベッドが並んでいる辺りでは泳いでいる人達やサッカーを楽しむ少年がいました。

f:id:ten-milli:20200426135318j:plain

気温は41℃。わずか3分、外に出ただけで汗をかきはじめました。これ以上は危険ですので建物内に戻ります。まるでウルトラマンの気分です。

ロストチェンバー水族館

f:id:ten-milli:20200426175408j:plain

水族館前に戻ってきました。入り口でパスを見せてサインしました。

大人1人の入場料は110AED(約3,220円)~135AED(約3,950円)ですが、宿泊者は無料です。

www.atlantis.com

f:id:ten-milli:20200426182338j:plain

入ってすぐのところに丸い水槽がありました。

f:id:ten-milli:20200426182520j:plain

床はプロジェクションマッピングで魚が泳いでいます。

f:id:ten-milli:20200426182642j:plain

少し進んだところの天井にはサメが泳いでいて、海底人(アトランティス人?)がこちらを覗き込んでいました。

f:id:ten-milli:20200426182910j:plain

進むと壁にリアルな海底人がいました。

f:id:ten-milli:20200426183019j:plain

近くで見ると怖いです。

f:id:ten-milli:20200426183117j:plain

海底人の武器も飾られていました。館内の雰囲気は、スチームパンクやエイリアンの宇宙船のデザインが好きな人には満足度が高いと思います。

f:id:ten-milli:20200426183234j:plain

水槽も普通の水族館とは一風変わった雰囲気です。

f:id:ten-milli:20200426183441j:plain

水槽の前に椅子が置かれているところでは、魚達をゆっくりと鑑賞する事が出来ます。

f:id:ten-milli:20200426183557j:plain

しばし海底世界の様子を楽しみました。

f:id:ten-milli:20200426183709j:plain

20分程で出ましたが、わりとしっかり見る人で30分。かなり頑張る人でも1時間くらいのボリュームだと思います。2時間潰す事は出来ませんでした。

アクアベンチャー・ウォーターパーク

まだ13:30です。本当は部屋に荷物を置いてから行きたかったのですが、他に時間を潰すところがないので、仕方なくそのままウォーターパークへ行く事にしました。

f:id:ten-milli:20200426184550j:plain

チケット売り場には行列が出来ていました。

大人1人の入場料(SINGLE PASS)は269AED(約7,870円)~299AED(約8,750円)ですが、宿泊者は無料です。

www.atlantis.com

f:id:ten-milli:20200426185218j:plain

チケット売り場の反対側に宿泊者用の入り口がありました。

f:id:ten-milli:20200426185342j:plain

こちらもちょっと並んでいます。パスを見せて、腕を受付窓の穴に入れるとリストバンドをつけてくれます。

f:id:ten-milli:20200426185616j:plain

ゲートから中に入りました。

f:id:ten-milli:20200427055853j:plain

進んでいくとタオルカバナがありました。タオルの貸出しは45AED(1,320円)ですが、宿泊者は無料です。左奥へ進むとロッカーと更衣室があります。

f:id:ten-milli:20200427060628j:plain

ロッカーがありました。画面の国旗をタッチすると言語を選べるようですが、日本語は選べないので英語です。絵のように画面下の赤い部分にリストバンドをかざしてみましたが、

f:id:ten-milli:20200427061351j:plain

「CARD NOT VALID」と表示されてロッカーが使えません。 ロッカールームはいくつかあるので他でも試してみましたがダメです。

落とし穴

まったく使い方がわからずネットで調べてみると、なんとロッカーだけは宿泊者も有料でした。宿泊者用の受付カウンターに戻りロッカー代を払うとリストバンドを更新してくれました。

ほとんどの人がロッカーを使うと思うので、最初にロッカーを使うか聞いてくれても良かったと思います。というか、これも宿泊料に含めてくれてもいいですよね。

ロッカーの使用は45AED(1,320円)ですが、宿泊者も"有料"です。

再びロッカールーム

f:id:ten-milli:20200427062629j:plain

ロッカーにリストバンドをあてると自動でロッカーが割り当てられました。画面に選択肢が表示されるのでどちらかを選びます。

  • Continue using:割り当てられたロッカーを使います。
  • Finish for the day:割り当てられたロッカーの使用を終了します。

f:id:ten-milli:20200427062834j:plain

どちらを選んでもロッカーは開きます。ロックする時はドアを閉めるだけです。

ロッカーの変更方法

他にもロッカーはたくさん空いていたのに使いづらい1番上のロッカーを割り当てられて困りましたが、ロッカーを開ける時に「Finish for the day」を選ぶと番号がリセットされます。再びリストバンドを当てると他の空いているロッカーがランダムで割り当てられるので、ロッカーの位置が気に入らない時はリセットするのが良いです。

ただし、ロッカールーム自体を変える事は出来ないようです。他の部屋では「This number is not this room」と表示されてロッカーが使用できませんでした。

リストバンドごとにロッカールームがあらかじめ決められているのか、最初にかざしたロッカールームに固定されるのかは不明です。

f:id:ten-milli:20200427064234j:plain

大きいロッカーに何度リストバンドをかざしても使用できませんでした。調べてみるとロッカーの大きさによって料金が異なるようです。受付では大きさは聞かれませんでした。またしても不親切な気がします。

仕方なく小さい方のロッカーに荷物を無理やり押し込みました。スーツケースの人だったら収納不可能だと思います。やっぱり部屋に荷物を置いてから来たかったです。

ロッカー(大)の使用は75AED(2,200円)で、宿泊者も"有料"です。

www.atlantis.com

感想

ロッカーが有料である事や、使い方が分からずなかなか大変な思いをしました。遊ぶまでにハードル高過ぎです。イライラして精神的にかなり疲れていましたが、遊び始めると嫌な事を忘れてとても楽しかったです。

ウォーターパークに行くのは初めてだったので、流れるプールをグルグル周るだけでも満足でした。サメのウォータースライダーは行列が出来ていたので諦めました。

首から下げる透明なスマホケースがあるといいですね。

 

www.ten-milli.com