年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年6月 アブダビ・ドバイ旅行 2日目~リッツ・カールトン アブダビ編4~

www.ten-milli.com

Venetian Villageを散歩しました。

朝の散歩

ホテル南側

Venetian Villageからホテルの方へ戻り南側を歩いてみます。

リッツ・カールトン アブダビ

モスクの方へ向かって庭園を歩きます。

リッツ・カールトン アブダビ

この辺りの建物も部屋番号が付いているので泊まる事が出来そうですね。

www.ritzcarlton.com

ハウスタイプのお部屋もあるみたいです。

リッツ・カールトン アブダビ

昨夜に食事したLi Jiangの屋外席がありました。やっぱり昨日は屋外席は営業していなかったんだと思います。モスクを見ながら食事してみたかったですね。

リッツ・カールトン アブダビ

鳥がたくさんいました。ホテルスタッフの方もこれだけの庭園を維持するのは大変そうですね。

リッツ・カールトン アブダビ

ホテルを見上げます。

リッツ・カールトン アブダビ

階段があって、お家が並んでいて、お洒落な住宅街といった感じです。まさか、これもホテルだなんて。

リッツ・カールトン アブダビ

Villa Receptionと書かれているので、専用のフロントもあるみたいですね。

リッツ・カールトン アブダビ

ホテルゲートとモスクが見えます。ここから先は何も無さそうなので戻ります。

リッツ・カールトン アブダビ

部屋を出てから30分経っていますが、まだホテルを半周しかしていません。どれだけ大きいのでしょう。

リッツ・カールトン アブダビ

運河方面に向かって歩きます。汗をたくさんかいて、朝の散歩にはいいですね。

リッツ・カールトン アブダビ

スプリンクラーが水をまいていました。歩道側には向いていないので安心です。

リッツ・カールトン アブダビ

ビーチに到着しました。

リッツ・カールトン アブダビ

監視員さんの椅子。

リッツ・カールトン アブダビ

運河を眺めます。

リッツ・カールトン アブダビ

対岸にも綺麗な建物が並んでいますね。

リッツ・カールトン アブダビ

昼と夜だと雰囲気が違います。

リッツ・カールトン アブダビ

ホテルを振り返って。昼間のビーチは激暑だと思いますが、人はいるのでしょうか。

ホテル北側 

リッツ・カールトン アブダビ

北側の方にも向かってみます。

リッツ・カールトン アブダビ

ビーチバレーのネットがありました。昼間にやったら数分で倒れそうです。

リッツ・カールトン アブダビ

こちらにもハウスタイプのお部屋が並んでいました。なんて素敵な庭がついているんでしょう。住んでみたいですね。

リッツ・カールトン アブダビ

この素敵な庭園を維持しているスタッフの方達が朝から作業をしていました。というか、昼間は暑いのでなるべく朝早くに仕事をした方がいいんでしょうね。

リッツ・カールトン アブダビ

工事中のところも、雰囲気を壊さないように庭のように見える垂れ幕で覆われていました。この辺りは結構な上り坂です。

リッツ・カールトン アブダビ

なんとか坂を上がると正面玄関が見えましたが、柵があって行けません。どこか通れるところは無いんでしょうか。

リッツ・カールトン アブダビ

坂を下って少し戻ります。

リッツ・カールトン アブダビ

あの中庭のところまで戻らないといけないとなると大変です。さすがに疲れたのでもうあまり歩きたくないです。

リッツ・カールトン アブダビ

階段を見つけました。

リッツ・カールトン アブダビ

これを上がれば正面玄関のところに行けそうです。ショートカットです。

リッツ・カールトン アブダビ

空が広いです。朝から3000歩も歩いてしまいました。

朝食

リッツ・カールトン アブダビ

ホテル内に戻りました。いえ、ホテルの敷地内にはずっといたんですけどね。汗をかいたので部屋に戻ってシャワーを浴びます。

リッツ・カールトン アブダビ

7:40。お腹は空いていますが、タクシー運転手と待ち合わせの8:30まであまり時間がありません。ホテルの朝食は昨日いただきましたし、今日は時間がないので部屋でコーヒーとウェルカムフルーツをいただく事にします。

リッツ・カールトン アブダビ

プールに作業員の姿が見えるので本日の工事が始まったようです。

 

www.ten-milli.com