年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年3月 ロサンゼルス・ラスベガス・バンクーバー旅行 0日目~後編~

www.ten-milli.com

帰りのスカイライナーで不正乗車の女性客2人イライラさせられましたが何とか耐える事が出来ました。

真夜中の電話で惨敗

家に戻る前に酒屋で濃いめのお酒を買いました。家に着くなり、すぐにお酒を飲み始めましたが全く酔えませんでした。

アラスカ航空の営業時間が始まる夜中の2:00(アメリカ時間の10:00)にSkypeで電話をかけました。乗れなかったファーストクラスの分のマイルは戻って来ましたが、相手にうまく話が伝わらず、次のインドネシア旅行の飛行機までキャンセルされてしまいました。もうため息しか出て来ません。3時間も電話してホテル代など一切の補償も無く、疲れただけでした。

アメックスにも確認

プラチナコンシェルジェに経緯を話して補償の対象となる可能性があるか聞いたところ、やはり『アラスカ航空に確認してください』という回答でした。

気持ちを新たに

戻らない時間やお金にこだわっていても仕方ありません。気持ちを切り替えて前に進む事にしました。

マリオットに電話

マリオットデスクに電話して宿泊予定だったホテルのキャンセルをお願いしました。事前支払いのため本来であれば返金不可ですが、飛行機に乗れなかった事によるキャンセルという事で、返金可能かどうかはホテルごとの判断によるそうです。

また、返金されない場合でも、宿泊しなかった分はポイント加算なし・宿泊実績としてカウントされないという事でした。

返金されなかったホテル
  • Wハリウッド
  • フォーポイントバイシェラトン・ラスヴェガス
  • フォーポイントバイシェラトン・バンクーバーエアポート
  • フォーポイントバイシェラトン・バリ クタ

事前支払ですので返金されないのは仕方ないところです。しかし、なぜかバンクーバーエアポートはポイント付与されて宿泊実績にカウントされました。後日、マリオットに宿泊していないのにカウントされている件を伝えたところ、バンクーバーエアポート分は無かった事になりました。

ポイント修正

宿泊していないのにポイント付与されました。正直に申告したところ、

ポイント修正

付与された宿泊数とポイントが元に戻りました。

疑問

ふと気になって、「ポイントを使った直後のようなポイントの残りが少ない状況で、誤って付与したポイントを差し引く場合はマイナスになってしまう事もあると思いますが、そういった状況で何の予告も無くいきなりアカウントをロックするような事はありますか?」と聞いたら『そういった場合は事前にメールなどでご連絡します。』という回答でした。

そうですよね。ちゃんとした企業なら事前に通知しますよね。

しかし、いつも感心するのがマリオットデスクの方はこうした難しい質問でも電話を保留する事なく、即答してくれる事です。オペレーターのレベルが高いですよね。

特別な対応があったホテル
  • ザ・リッツ・カールトン バリ

 

リッツ・カールトンの話をする前に少し脱線します。

僕が以前に大きな不満を感じた、上映中にスタッフが席の移動を強制してくるような映画館は、お金を受け取ったらあとは適当に映画を流すだけです。お客を途中で追い出すような真似をしてもお金は返しません。

飛行機に乗せない航空会社も同様です。飛行機のマイルは返してもマイルをお金では返してくれません。飛行機に乗れなかったからといって、ホテル代も補償しません。こうした会社は実際にサービスを利用してくれなくても、お金さえ貰えれば何でもいいんです。

www.ten-milli.com

リッツ・カールトンとは

しかし、リッツ・カールトンは違います。僕に1通のメールが届きました。

『宿泊料金はすでにクレジットカードに請求済みですので返金出来ませんが、2019/6/30(3か月先)までの日程変更が可能ですので、新たなご希望の日をお知らせ下さい。』という内容でした。

宿泊していない客からお金を受け取っても意味が無い。日程を変更してでも、何とか泊まりに来て欲しい。ぜひ私達のサービスを体感していただきたい。そう言っているのです。これには感動しました。

リッツ・カールトンにはシンガポール、ランカウイと2回程お世話になっています。マリオットの中でも一番好きなブランドですが、"やっぱりリッツ・カールトンは他とは違うな。だからリッツ・カールトンなんだな"と、もっとファンになりました。

飛行機とホテルの再予約

空港まで行って飛行機に乗れなかったというトラウマを早く消すためにも、日程変更可能という寛大な対応をしてくれたザ・リッツ・カールトン バリに泊まるためにも、飛行機とホテルを再予約する事にしました。

また、13泊目にして断念する訳にもいかないので、プラチナチャレンジ達成のために残り3泊としてシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルを予約しました。

僕の中での評価

大きくアップ:リッツ・カールトン

少しアップ:JAL

少しダウン:成田空港

大きくダウン:アラスカ航空、スカイライナー

その他は変化なし

反省事項

アラスカ航空を信じたこと。

次に来るときは

飛行機に乗りたいです。出来れば羽田空港から。

 

アラスカ航空とのやりとり、被害額などはこちらにまとめています。

www.ten-milli.com

www.ten-milli.com