年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2019年1月 クアラルンプール・ランカウイ旅行 3日目~中編~

www.ten-milli.com

色々なトラブルを乗り越えて飛行機に乗りランカウイに到着しました。

ランカウイ国際空港

空港に入ると、とても空いていました。朝食を食べていないためホテルに向かう前に何か空港で食べて行こうと色々歩き回り、ロビー2階に見えていたNOOODLES extraというお店に入る事にしました。

www.nooodles.com.my

クアラルンプール国際空港やオーストラリアにも店舗があるみたいです。そういえば見覚えがありますね。

ランカウイ国際空港

他にお客は2組だけで、ほぼ貸切でした。

ランカウイ国際空港

リゾート地の空港は混雑しているイメージがありましたが、驚くほど人がいません。

ランカウイ国際空港

ミーゴレンです。辛ウマでしたね。こちらのお店はAMEXが使えなかったのでVISAカードで支払いました。12.9リンギット(約350円)

ホテルへ移動

お腹も膨れたのでホテルへ向かいます。タクシーカウンターで行先のホテルを伝えて料金を支払いチケットを貰いました。26リンギット(約680円)です。タクシーに乗って15分程でホテルに到着しました。

ホテルへ

今まで泊まったリゾートホテルの中で一番空港から近かったです。

ザ・リッツ・カールトン・ランカウイ チェックイン

ホテルに到着しました。

チェックイン

落ち着いた雰囲気です。

チェックイン

おしぼりとウェルカムドリンクをいただいて、座ってチェックインしました。

チェックイン

バギーが見えます。部屋に向かうのが楽しみです。

チェックイン

パンフレットの地図を見ながらホテルについての説明を受けました。僕の部屋は2番の建物にあるそうです。ワクワクしますね。

FHR

今回もAMEXのFHRで予約しました。

レインフォレスト ジュニアスイート

Willyという男性スタッフの方が部屋までバギーで送ってくれて、とても丁寧に室内を案内してくれました。

レインフォレスト ジュニアスイート

落ち着いた雰囲気の玄関ドアです。

レインフォレスト ジュニアスイート

左端の部屋ですね。何だか複雑な形をしています。

レインフォレスト ジュニアスイート

入ってすぐの所に絵が飾られていました。

レインフォレスト ジュニアスイート

窓から日差しがたくさん入って来て、とても明るいのが分かります。

レインフォレスト ジュニアスイート入口から横を見るとバスルームへ向かう側の通路にクローゼットと机などがありました。

レインフォレスト ジュニアスイート

反対側にもクローゼット。奥へ進むとトイレとバスルームがあります。こちらは後で見るとして、

レインフォレスト ジュニアスイート

入口から正面へ進むと1番目の部屋。ベッドとソファがあります。

レインフォレスト ジュニアスイート

窓の外にはたくさんの緑が見えます。お隣さんのテラスもチラ見え。

レインフォレスト ジュニアスイート

このソファでくつろぎながらコーヒーを飲むぞと誓いました。

レインフォレスト ジュニアスイート

ベッドも大きいですね。

レインフォレスト ジュニアスイート

天井にはシーリングファン。ベッドの後ろは開いていてバスルーム側と繋がっています。青い部分を動かすと閉める事も出来ます。

レインフォレスト ジュニアスイート

ベッドルームから奥へ進んだ2番目の部屋です。隣の建物から丸見えになるのでブラインドカーテンは閉めたままにしていました。こちらには椅子が2つと、

レインフォレスト ジュニアスイート

奥に大きなソファがありました。テーブルには湯呑と急須のセットが置いてあります。

レインフォレスト ジュニアスイート

壁にはテレビが埋め込まれており、右側を手前に引き出せば大きなソファに座りながら見る事も出来ます。

レインフォレスト ジュニアスイート

テレビは1番目の部屋のソファの所にもあります。お気に入りはこちらです。

レインフォレスト ジュニアスイート

カフェコーナーとミニバーです。この右側の壁が全面鏡になっていて、夜に近づくと「うわっ!人が部屋の中にいる!、、、なんだ自分か。」とドキッとしたりとか、朝に寝ぼけている時などに鏡である事を忘れて何度も突撃しそうになりました。慣れないと危ないですね。

レインフォレスト ジュニアスイート

カフェコーナーの箱の中にはカップとコーヒー、お茶などが入っていました。

レインフォレスト ジュニアスイート

左の引出にはナッツなどのスナック類。

レインフォレスト ジュニアスイート

右の引出にはチップスでしょうか。いつもはペットボトルの水を1本だけ冷蔵庫に入れて冷やしておくのですが、ワインやソフトドリンク類がたくさん入っていて空きが無さそうだったので一度も開けませんでした。

レインフォレスト ジュニアスイート

3番目の部屋はバスルームです。洗面台には珍しく聖書?みたいな本が置かれていました。ここに電話があるのも珍しい気がします。

レインフォレスト ジュニアスイート

バスルームもほぼ全面窓になっているのでとても明るいです。しかし隣の建物のテラスから見えてしまうので、使う時は下から上がっていくタイプのロールカーテンで目隠しします。写真右端のボタンで操作可能です。

レインフォレスト ジュニアスイート

バスタブもとても綺麗で可愛らしい形ですね。

レインフォレスト ジュニアスイート

バスタブ奥にはシャワーブースもあります。写真には写っていないですが、レインシャワーが付いています。

レインフォレスト ジュニアスイート

いつもの3兄弟です。手に持って使うタイプのシャワーもあります。

レインフォレスト ジュニアスイート

洗面台のうがいコップも湯呑です。なかなか面白いですね。

レインフォレスト ジュニアスイート

ベッドの後ろから1番目の部屋が見えます。柔らかな日差しのおかげで何の加工もしていないのに勝手に写真がオシャレになりますね。

レインフォレスト ジュニアスイート

残るはテラスのみ。

レインフォレスト ジュニアスイート

このマークはまさかヤツが、、、? (滞在中、一度も見かけませんでした)

www.ten-milli.com

過去にダナンでサルから傷を受けて大変な事になりました。

レインフォレスト ジュニアスイート

テラスに出るとソファがありました。灯りがあるので夜もくつろぐ事が出来そうです。

レインフォレスト ジュニアスイート

こちらにも椅子2つとテーブルがあります。

レインフォレスト ジュニアスイート

かなり木々が生い茂っているため、あまり見晴らしは良くありませんが海も見る事が出来ます。

部屋に案内してくれたWillyとの会話

Willy『どうだい、この部屋は!アップグレードしてスイートルームだぜ?3つの部屋に2つのテレビ。おまけにテラスまで付いてやがる。カーテンも電動だし最高だろ?この部屋なら何人でも泊まれるぜ!』

僕「本当にスゴイよ!、、、まーでも、僕1人なんだけどね。」

Willy『ハハハ、そいつは残念だ。おっと。こいつ(部屋の鍵)を渡しておくぜ。今からここはアンタの部屋だ。』

僕「ありがとう。君はとってもいい人だ。」

Willy『トリップアドバイザーにも、そう書いてくれよ?』

 

言葉はもちろん丁寧だったと思うのですが、上のような感じで、会話のノリがワイルド・スピードのローマンっぽくて楽しかったです。あーでもWilly、ごめんなさい。トリップアドバイザーのアカウントを持っていないのでブログで許してください。

ウェルカムフルーツ&スイーツ

部屋でノンビリしていると誰かが来たようです。ドアを開けるとフルーツとマカロンが届きました。例の窓際のソファでコーヒーと一緒にいただきました。誓いは守られました。

ウェルカムフルーツ&スイーツ

マカロンの下にはサクサクの生地が敷かれていて甘くておいしかったです。リッツカールトンのロゴが入っているチョコレートも食べる事が出来ました。

ホライズン(HORIZON) [プール]

という事でおやつも食べたので、さっそく水着に着替えてバギーを呼びました。このホテルを選んだ一番の理由であるホライズンへさっそく向かいます。水平線を意味する言葉が付けられているという事はつまり、

ホライズン

水平線andインフィニティ・プールです。

ホライズン

空も大きくて解放感がスゴイです。

ホライズン

こちらのプールは大人しか入れないため落ち着いた雰囲気です。手前は浅くて座ったり寝そべったり出来るようになっています。

ホライズン

プールの中からホライズン(水平線)を存分に眺めたあと、プールサイドで時折横になりました。

www.ritzcarlton.com

見た瞬間、宿泊を決めました。 

お昼寝

1時間ほどプールを楽しんだので、夜に備えて部屋で寝る事にしました。

ホライズン

女性スタッフの方に『バギーが到着するまで座って待っていて下さい』と言われたのでプールサイドのダイニングの席に座らせてもらいました。夜はこちらで食事します。

 

www.ten-milli.com