年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2018年10月 バンコク・プーケット旅行 3日目~後編~

www.ten-milli.com

プールと共に過ごしたキーマラをチェックアウトしました。

 

キーマラ~空港

タクシーの運転手さんはフレンドリーな方で色々と話をしました。乗車してすぐに『キーマラ、とても高いホテルだよね。』と言われて、苦笑いしてしまいました。

運転手さんの娘さんは日本が大好きで、壁には色々な日本の文化(漫画とかアニメでしょうか)のポスターを貼ったりして、日本語の勉強もしているそうです。運転手さんが名刺をくれました。ホテル経由でタクシーを呼ぶよりも、やはり運転手さんに直接連絡を取った方が安いみたいですね。観光ツアーにも対応してくれるみたいです。

50分ほどで空港に到着しました。1,000バーツに加えてチップとして100バーツ(合計約3,800円)を渡しました。降り際に『ありがとうございます。』と日本語で言われました。嬉しいですね。

プーケット国際空港

プーケット国際空港では建物に入る時にセキュリティチェックがありました。中に入ってベトジェットのカウンターを探すとまた行列が出来ています。20分並んでやっとチェックインを済ませました。

ベトジェットエア

 

国内線の6番搭乗口近くのラウンジで軽く食事をして、30分前にはラウンジを出ましたが搭乗は遅めでした。

ベトジェットエア

搭乗口を通ってから機内に入る通路で5~10分くらい待たされました。ガラス張りの通路を直射日光が照らしていて体感温度はおそらく40~50度です。汗が滝のように流れ落ちます。

ベトジェットエア

機内へ続く通路でこんなに待たされたのは初めてです。準備が出来てから機内に案内してくれると助かるのですが。可能なら空港内に戻りたいです。色々考えていたら、やっと列が進み始めました。

機内

飛行時間はだいたい1時間くらいでした。タイは日が沈むのが早いみたいです。 フライト中は消灯モードでした。 出発時間がかなり遅れたように思いましたが、10分程度の遅れで到着しました。

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港は巨大な空港なので出口までかなり歩きました。

チェックイン

やっとたどり着いたJALのカウンターでチェックインを済ませ、プレミアムレーンを使わせていただいて出国完了しました。帰りもアラスカ航空のマイルでJALのビジネスクラスを予約していました。

JAL

日本とタイの時差は2時間なので飛行時間は6時間10分です。

 

www.ten-milli.com

※何の連絡も無く一方的にアカウントをロックされて旅行当日に飛行機に乗れないという一件があったため、僕はアラスカ航空のマイルでの旅行はオススメしません。

ラウンジ

搭乗前にサクララウンジで夕食を取る事にしました。こちらも羽田空港と同じ感想です。おそらく会員の方達も入る事が出来るからだと思うのですが、とても混んでいて、ビジネスクラスという特別感は感じられませんでした。お酒は置いてありますが、料理もあまり美味しくないように感じられてガッカリです。

とあるテーブルでは僕と同年代の日本人男性達が酔っぱらって声が大きくなり、まるで居酒屋のようでした。貧乏くさいのでやめて欲しいです。次に来るときは違うラウンジを選ぼうと思いました。

出発まで少し時間があったので初めてラウンジのシャワーを使わせていただきました。とてもサッパリしました。シャワーには満足です。

www.jal.co.jp

 

サクララウンジ

シンハービールをいただきました。

飛行機

ラウンジを出て、ほぼ予定通りの時間に搭乗しました。今回はビジネスクラスの中でも前方の座席を指定しましたが、やはり落ち着けますね。

機内

窓から見えるバンコクの夜景が綺麗です。 

機内

22:50(日本0:50)頃にお夜食が出ました。お寿司だと知らなかったため、マティーニを注文してしまいました。斬新な組み合わせです。お腹も満足したので寝る事にしました。

機内

2:15(日本4:15)頃に朝食が出ました。和食を選びましたが彩が綺麗です。久しぶりの和食は美味しかったです。お茶も付いて満足です。

機内

時刻は3:20(日本5:20)。そろそろ夜明けですね。

羽田空港

羽田空港にはほぼ定刻通りに到着しました。お世話になったCAの方達に会釈をして飛行機を降りました。歩いていると何となくカバンが濡れているような、、、。調べてみると機内でもらったフタの小さいペットボトルから水が漏れていました。これ、もう少しフタが大きい方が水漏れしづらいのでは、、、。いつもだと持って帰るのですが、残念ながら捨てる事にしました。 

さて、バスに乗って家に帰ります。おそらく家に着くのは7時頃。シャワーを浴びてスーツを着たら9時には家を出て10時からいつもの仕事です。

反省事項

あまり失敗のない旅行でしたが、しいて言えば『アユタヤツアーのネックレス』と『キーマラの宿泊費』です。キーマラはFHR経由でかなり割高に予約してしまいました。比較しなかった僕が悪いです。

www.ten-milli.com

次に来るときは

サイアム地区も行ってみたいですし、チェンマイにも行きたいです。プーケットではビーチに行っていませんし、プーケット・ファンタシーにも行ってみたいですね。ニューハーフショーもムエタイも見ていないですし、タイ料理が好きなので食べたいものはたくさんありますし、象にももっと長く乗りたいですね。

タイの人達はいい人が多かったですし、タイを好きになった素晴らしい旅行でした。