年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2018年7月 ホーチミン・ダナン旅行 3日目~後編~

www.ten-milli.com

破傷風のワクチンを接種してラウンジで食事もいただいてしまいました。全てインターコンチネンタルホテルのおかげです。

タンソンニャット国際空港

タンソンニャット国際空港

日本へはアラスカ航空のマイルで発券したJAL便で戻ります。ビジネスクラスは初めての経験なのでドキドキします。Webチェックインを済ませているので出国審査へ向かいました。

JL70

日本とベトナムの時差は2時間なので飛行時間は5時間30分です。

 

www.ten-milli.com

※何の連絡も無く一方的にアカウントをロックされて旅行当日に飛行機に乗れないという一件があったため、僕はアラスカ航空のマイルでの旅行はオススメしません。

ペーパーです社会 

出国審査はすごい行列でした。15分くらい並んで、スマートフォンの画面でチケットを見せると空港職員に『ノー』と言われました。どうやら紙のチケットじゃないとダメみたいです。仕方なくJALのカウンターで紙のチケットを発行していただき、もう一度15分並びました。Webチェックインが使えない場合もあるみたいですね。

お水さんありがとう

ダナンからの国内線では飛行機にそのまま乗れましたが、さすがに国際線は2リットルのペットボトルを持っていたら手荷物検査で引っかかると思いますので、置いていかなくてはなりません。僕にとっては思い出の品ですので日本まで持って帰りたかったのですが、断念しました。ゴミ箱を探しましたが見当たらず、心の中で"ナースの人ありがとう。そしてすみません。"と感謝罪しながらトイレに置いて来ました。

ラウンジ

JALのビジネスクラスで使えるアプリコットラウンジは結構込み合っていました。広々としたラウンジではありませんが、食事は美味しかったです。

※2018/11/22にLe Saigonnais Loungeがオープンしたため現在はJAL便でAPRICOT Loungeは利用出来ないようです。

www.jal.co.jp

機内

座席はフラットNeoでした。ビジネスクラスですが、フルフラットにはならないタイプです。しかしエコノミーとは違って初めて飛行機の中でグッスリと眠る事が出来ました。

www.jal.co.jp

羽田空港

生きて日本に到着しました。午後からは仕事です。家に戻って着替えて午前中に狂犬病のワクチン接種に行かなくてはなりません。空港バスの待ち時間にプラチナ・コンシェルジェ・デスクに電話しました。都内でワクチン接種可能な病院を紹介してもらおうと思ったのですが、そういった案内は行っていないようです。残念です。

色々と病院を調べてアクセスの良さそうな「東京ビジネスクリニック 鉄鋼ビル八重洲」にしました。Webサイトから時間を指定して予約も出来るため便利です。

www.businessclinic.tokyo

www.businessclinic.tokyo

東京ビジネスクリニック

Web予約から受診したい時間帯のファストパスを取得します。便利です。

ワクチン接種、そして

お医者さんにサルに傷を負わされた事、ダナンの病院で破傷風のワクチンを接種した事を伝え狂犬病のワクチンをお願いしました。

狂犬病のワクチンは初回、3日後、7日後、14日後、28日後の全部で5回接種する必要があるようです。その度に通院する必要がありますが命には代えられません。毎回、朝イチの時間を予約しておき、ワクチン接種してから仕事に向かいました。筋肉注射ですので打ったあと数時間は筋肉痛で腕がだるい感じでした。

次の日にはインターコンチネンタルホテルの日本語が話せるスタッフの方から電話があり、無事に日本に戻って狂犬病のワクチンを接種した事を伝えました。

アメックス 海外旅行 傷害保険

プラチナ・コンシェルジェ・デスクに電話して保険の担当部署(損保ジャパン)に繋いでいただき、担当の方へ経緯を伝えると『大変な目に遭いましたね。』と気遣ってくれました。ワクチン代はもちろん、病院までの交通費も保障範囲になるそうです。とてもありがたいですね。

5回目のワクチン接種を終えてから書類を送り、2週間後くらいには保険金が振り込まれていました。

支配人からの言葉

後日、インターコンチネンタル・ダナンの支配人宛に感謝の気持ちをメールしたところ、日本語で返信が届きました。(原文より抜粋)


『お客様をお迎え出来、光栄でございました。私たちの目指すものはお客様のニーズにお応えすることのみではございません、ご期待を超えできる限り楽しく、思い出に残るご滞在を創ることです。』

 

反省事項

  • 空港ラウンジが利用出来ない事もありますので、早朝到着時の過ごし方を考えます。
  • 信用できるというタクシー会社でも運転手次第でぼったくられたり、お釣りをくれない場合もあります。アジアではGrabというタクシーアプリが人気らしいので次からはGrabタクシーを使うようにします。
  • 歩くのがわりと好きなのですが、ホーチミンのように電車や地下鉄などが無くてバイクが大量に走っているなど、歩いて移動するのに向いていない街もあるという事を知りました。
  • 実は旅行中、一度もプールに入りませんでした。ザ レヴェリー サイゴンにもプールがあったという事を10ヵ月も経って初めて知りました。

www.thereveriesaigon.com

  • ホテルの夕食は少しずつ注文するようにします。
  • トイレじゃなく料理の写真を撮るようにします。
  • サルには近づきません。
  • 傷を受けた場合はすぐに対処するようにします。

 

次に来るときは

  • 2021年にホーチミンに地下鉄が出来るそうなので数年経ってバイクも減れば歩きやすくなるのかなと思います。落ち着いた頃に街並みやコロニアル建築の建物を見て回りたいですね。
  • ルーフトップバーにも行ってみたいです。
  • インターコンチネンタル・ダナンは大きなホテルですのでまだまだ行ってないところがたくさんあります。The L_o_n_G Barでお酒を飲んだり、上のプールに入ったり、Citronのノンラー席で食事を楽しんだりしたいです。1人でノンラー席は気が引けるので誰か連れて行く人を見つけないと。

 

  • そしてあのアイスコーヒーをもう一度飲みたいですね。