年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2018年7月 ホーチミン・ダナン旅行 1日目~後編~

www.ten-milli.com

お腹が空いたので、近くで何か食べつつホテル周辺を散歩しようと外に出ました。 

ホテル周辺探索

前回の旅先のシンガポールの街が綺麗過ぎたんだとは思いますが、残念ながらホーチミン市街はあまり綺麗な感じではありませんでした。歩道に座っている人達も居て、ちょっと怖い感じです。
交通ルールが違うのかもしれませんが、歩行者信号が青でもバイクが止まらず走って来たりするので、横断歩道も注意して渡る必要があります。
僕が歩いていると、バイクに乗った人が歩道に入って来て『オニーサン、ドコイクノー?』と声をかけて来ました。僕は呼び込みとか大嫌いなので非常に迷惑です。無視して歩き続けていると、なんとバイクに乗ったまま歩道を追いかけて来ます。『オニーサン、ヒトリデ、ダイジョーブー?ダイジョーブー?』と何度も言われ、もう本当に嫌な気持ちになりました。

前の方に歩いている白人女性の2人組には絡んでいかないのに僕にはやたらと絡んできます。見た目で日本人だと分かるのでしょう。何とかして、ぼったくってやろうと声をかけて来ているのです。行く先々でこんなのにずっと声を掛けられたら楽しめないと思い、周辺探索は諦めて部屋に戻る事にしました。

エレベーターで自分の部屋のあるフロアに戻ると清掃スタッフの女性の方に綺麗な箱に入ったチョコレートをいただきました。残念ながら外で食事は取れなかったので、フルーツとチョコレートでお腹を満たして寝ることにします。

FHR宿泊特典

機内であまり寝れなかったのもあって、昼間に4時間も寝てしまいました。起きてテレビで映画を見ながらゆっくりしていると、また誰かが訪ねて来たようです。女性スタッフの方がチョコレートを届けてくれました。『さきほど違う方にも貰いましたよ?』と伝えたのですが、結局2個目も貰ってしまいました。7月だというのになぜかモテモテバレンタインデーみたいな感じです。

本当はCHILL SkybarとGlow Skybarというルーフトップバーをハシゴする予定だったのですが、昼間の出来事を考えると、夜に外は歩けないなと思いました。

chillsaigon.com

glowsaigon.vn

しかしホーチミンに着いてから、ちゃんとした食事をしていないため、とてもお腹が空いています。ふと、"ルームサービスを頼んでみるか"と思い立ちました。

FHR

今回もアメックスのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)でホテルを予約したため、特典でUS100ドル分の食事が出来ます。1人宿泊でも2人宿泊でもUS100ドル固定ですので、1人宿泊だと相当贅沢な食事が出来ますね。

夕食

ルームサービスを頼むのは人生で初めてでした。日本のホテルで部屋に置いてあるメニュー表を見た事がありますが、基本的にかなり高めの値段設定ですよね。でも今回は特典のおかげで気にせず注文が出来ます。まさかの初ルームサービスが海外となりましたが、言葉が通じなかったり衛生面の問題だったりで、海外でこそルームサービスを使いたくなるかもしれませんね。

部屋に置いてあるメニューの中から、たどたどしい英語で3品をフロントに注文をすると何とか伝わったようです。冷蔵庫にビールも入っていますし、ウエルカムのワインもありますのでドリンクは注文しませんでした。

ほどなくしてスタッフの方がルームサービスを届けてくれました。

ルームサービス

ワゴン自体が折り畳みのテーブルになっており、下の棚から料理を出してセッティングしてくれました。

ルームサービス

フォー(手前)とシーザーサラダ(奥)とバインミー(右奥)です。銀色のポットはフォーのスープが入っていました。フォーに入れる具材もたくさんあります。

お腹が空いていたのもあって、調子に乗って頼みすぎました。料理を並び終えたあと、スタッフの方が苦笑しながら"本当に一人でこんなに食べるのですか?"というようなジェスチャーをしました。ここで残しては何だか負けた気がします。日本人の本気を見せる時が来ました。

時間はかかりましたが、料理はとても美味しくて残さず全て食べきる事が出来ました。お腹が苦しいです。フランスパンは少し食べただけでもお腹が膨れますが、その他に"フォー"と、"卵やチキンなどがゴロゴロ入って野菜が見えないどんぶりサイズのシーザーサラダがある"と言えば、どのくらいの量か伝わるでしょうか。

夜景

お腹が一杯になったので夜の景色を楽しみます。

夜景

サイゴン川周辺の灯りが水面に映って綺麗です。

夜景

夜はなんだか未来都市っぽいですね。

夜景

サイゴンスカイデッキがあるビテクスコ・フィナンシャルタワーです。

夜景

日本以外で月を見たのは初めてですね。

夜景

ホーチミンのブルジュ・ハリファ、ランドマーク81が見えます。

夜景

時には赤く光ったりもしますよ。

夜景

夜もたくさんバイクが走っていました。

朝の違和感の正体

気になってホテルまでのタクシー料金について調べたところ、相場はやはり僕が最初に出した金額くらいでした。メーターに表示されていた金額と一致します。

本来はタンソンニャット国際空港からホテルまで21万VND(約1,000円)で済むところ、僕は90万VND(約4,300円)も払ってしまったのでした。残金は一気に減って119万VND(約5,700円)くらいです。

明日はダナンに行きますのでタクシーに乗る機会があと3回あります。この調子でぼったくられ続けると1万円の両替では足りません。

ビナサンタクシーだという事で信頼していましたが、運転手によっては相手を見て料金を多めに取ろうとする心無い人もいるようです。そのような人に紙幣の束を見せるなど、もってのほかでしょう。無知な自分が悪いのです。今回は勉強料として、同じ失敗を繰り返さないように明日以降気を付ける事にしたいと思います。

このあとは、ビューバスを楽しみました。ほとんどを部屋で過ごした1日でした。

 

www.ten-milli.com