年収1,000万円を超えて感じたこと

過去から現在に至る道程と旅行の話

2018年5月 シンガポール旅行 0日目~人生初の海外旅行へ~

旅立ちの空

※画像はイメージです

初めての海外旅行、シンガポールへ行く日になりました。
最初から個人ツアーのためExcelでスケジュールを作りました。

普通の土日に1日だけお休みを追加した3連休での旅行なので飛行機は深夜便です。
空港へは電車ではなくバスを使っています。乗り換えが無いので楽です。

初めてなので気合を入れて3時間前に空港に到着したのですが、さすがに早すぎました。国内線のように1時間前とはいかないですが、慣れたら2時間前で十分だと思いました。ついでに自動化ゲートの手続きもしておきました。

夕食

フードコートで食事をしようとしたら、とても混んでいて座るのも難しそうだったので、少し離れたところにあるCuracion Cafeにしました。

www.haneda-airport.jp

写真について

実はこれまで

  • 写真に撮らなくても目に焼き付ければ良い
  • また見たくなったらもう一度来れば良い

という考えた方で生きてきたので、ほとんど写真を撮らないで生きて来たのです。ちょっと捻くれ者なんですね。

なので生まれて初めてフェラーリに乗った時も、ランボルギーニに乗った時も1枚ずつしか写真撮りませんでした。そのくらい捻くれ者でした。

しかし海外旅行の回数が増えるにつれ、画像の枚数も増えました。今さらですが、やっぱり写真撮っておくと思い出が蘇りますね。

この記事の画像では僕が撮影したものは一つもありませんが、次の旅行記事からは自分で撮影した画像を使いたいと思います。

今回の記事は以下のサイトからお借りしました。

  • ぱくたそ(www.pakutaso.com)
  • pexels.com (www.pexels.com)

人生初の国際線ラウンジ

プライオリティパス

※画像はイメージです

旅行の話に戻ると、食事のあとはSKY LOUNGE ANNEXに入ってみました。お酒も食べ物も無くて、ソフトドリンクだけということを知ってちょっとガッカリでした。

(プライオリティパスで入ったと思いきや、カードラウンジでした)

www.haneda-airport.jp

待ち時間

空港のベンチ

※画像はイメージです

搭乗までの時間が長く感じました。

少し早めに搭乗口付近のベンチへ行ってウトウトしていたら、何だか周りがキャピキャピ(ガヤガヤ)してきて、いい匂いがします。目を開けたら周りでシンガポール航空のCAさん達が楽しそうに会話していました。日本人ではないため、日本語じゃない言葉で会話しています。おそらく、マレー語でしょうか。アウェー感がすごかったです。寝たふりしました。

しばらくすると、なぜか放送で呼び出されました。ドキドキしながら行ってみると、機材が変更になって僕が購入していた席が存在しないため、プレミアムエコノミーにしてくれるそうです。初の海外旅行でなんという嬉しいサプライズ。

 

機内へ

機内

※画像はイメージです

飛行機に乗りました。エコノミーで窓側だと通路に出づらくなるので通路側が良いということを事前に勉強していたので、真ん中の島の通路側の席にしました。プレミアムエコノミーは確かに余裕があるような気がします。エコノミーと比較出来ないので想像ですけれども。しかし、目の前が壁になっている通路みたいなところなので搭乗の時に他の乗客が目の前を何度も横切って落ち着きません。

練習の成果

離陸してシートベルトのサインが消えました。この日のために練習してきた、あの魔法の言葉を唱える時間です。『メイぁイリクラぃン、マイスぃート?』、、、と僕が言う前に、隣の外国の方が特に何も言わずにシートを倒しました。旅慣れている感じです。というか、周りの方も、みんな無言で倒しています。日々の練習が無駄になった瞬間でした。残念でした。

機内で過ごす

シンガポールスリング

※画像はイメージです

飲み物の提供が始まりました。"これしかない!"と思って、『シンガポールスリぃングプリぃーズ!』みたいなことを言ったら女性のCAさんと男性のCAさんが何やら相談を始めて不穏な空気。(あれ、何か間違ったかな?)と思ったのですが、ちゃんと持ってきてくれました。美味しかったです。おかわりしたかったんですけど我慢しました。

国際線の良い点の1つとして、海外で公開されている映画が日本公開前に見れるんですね。知りませんでした。もっとも鑑賞に適している環境とは言えませんが、、、。

寝れません

昼間は普通に仕事だったので絶対に疲れているはずですが、結局ほとんど寝れませんでした。隣の人も全然寝れないみたいでした。どうしたら寝れるようになるかは今後の課題です。

日本時間の4:45頃に朝食が出ました。人生初の機内食ですが結構おいしかったです。

チャンギ空港に到着

チャンギ空港

※画像はイメージです


チャンギ空港に降り立ちました。SIMカードが2枚ささるスマホを使っているのでシンガポール用のカードに切り替えたらすんなり繋がりました。時間も現地時間に変わりました。機内で入国カードが配られるという事を知らなかったので受取り損ねて、空港に着いてから書きました。
初めての両替も緊張して何だか良く分からないけど『マネぇーエクスチェンジプリぃーズ?』と1万円を出したら両替してくれました。とりあえず束のままカバンに入れて、ひと眠りしたかったのでラウンジを探しました。

www.changiairport.com

空港内は冷房が効いていて、一度外に出てみたら朝でもムァッと暑くて南国の香りがしました。でもとりあえず一度寝たいです。

到着後でも入れるという話だったので、ターミナル3にあるラウンジThe Havenに行きました。制限エリアの外にあるラウンジです。クッキーなどのスナック類とソフトドリンクだけでアルコール類はありませんでしたが、綺麗で人も少なかったので寝るには十分です。

www.thehaven.com.sg

 

とりあえずお店が開く時間まで寝る事にします。

 

www.ten-milli.com